• ホーム
  • バイアグラはずっと使って行くのか?

バイアグラはずっと使って行くのか?

バイアグラを服用したED治療をどれだけ継続するかは人によって異なります。何度か飲んだだけで自然に勃起できるようになったなどのことであれば当然早い段階で服用は切り上げることになるでしょう。逆に全く治療の効果が見られないということであれば継続した服用が必要になります。
しかし「ずっと使っていかなければならないのか」と言われると、必ずしもそうばかりではありません。
最も重要なこととして知っておかなくてはならないのは、バイアグラは根本的なEDの原因を取り除く薬では無いということです。
バイアグラには血行促進作用によって陰茎部への血流を促進して勃起しやすくする効果がありますが、これはあくまでも対症療法に過ぎません。
そのため継続してバイアグラを服用してもいつまでも改善が見込めないということであれば、肉体か精神のどちらかに根本的な原因があるとして考えるべきでしょう。
そのためある程度継続して服用してもまだ勃起が出来ないのであれば、改めてその原因を特定して治療することが必要となるのです。
ただ継続服用によって何か問題が起きるのかと言われると、そういったこともありません。
よく薬では耐性が出来てしまったり継続服用によって体質が変化してしまったりといったリスクがあるのですが、バイアグラの場合はこのどちらもほとんど無いのです。
ですから「早くやめないと体に悪い」といった考え方をする必要はそこまでありません。
従って「バイアグラはずっと使っていかなくてはならないのか」という疑問に対しては継続服用をしても効果が見られない場合はより効果的な治療法を探すべき、しかし継続服用に際してのリスクもあまりないため、必要な状況で切り上げるような判断も必要ないということになります。